インナーチャイルドって!?誘導瞑想って!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フラクタル / 2016.08.03(Wed) /

L’espaceの個人セッションで行っている
フラクタル心理カウンセリング出てくる
わかりづらい言葉についての解説ぺーです☆ミ

ご理解の参考にされてください(*^^*)

下記以外にもわかりづらい箇所がございましたら
お問い合わせのメッセージ欄からお問い合わせくださいませ☆

 

*1)フラクタル心理カウンセリングにおける〝分析〟について

ご相談者本人には別々の問題に思えることも
(例:両親との出来事と会社での出来事など)
実はひとつの根を持つ問題です
その原因となっている「信じ込み」「決めたこと」というパターンを分析していきます

 

*2)フラクタル心理カウンセリング中に行う〝誘導瞑想〟について

目を閉じて、イメージすることによって
クラアントさんの無意識・深層意識の中にある
問題を作り出している「信じ込み」「決めたこと」という思考パターンの種を見つけ
修正・再教育し現実を変えていきます
誘導瞑想には、*5インナーチャイルドセラピー*6催眠療法が含まれます

 

*3)フラクタル心理カウンセリング中に行う〝体内誘導瞑想について

身体の症状から
その症状に潜む感情や症状が発するメッセージを
セラピストの声に合わせてリラックスしてた状態で
クライアントさん自身に読み取っていただきます

出てきた感情やメッセージから*2誘導瞑想を行っていきます

 

*4)よく出てくる言葉〝インナーチャイルド〟ってなに!?

脳の中の未発達な部分をインナーチャイルドと呼んでいます

トラウマになるほどのショックな出来事や
日常生活の中での勘違いや信じ込みを生じさせる出来事に出逢い
成長&発達が止まっている脳の一部分

この未発達な脳の一部分は
成長が止まり、未発達なままなので
その出来事は終わっても
まだ続いているように感じています

この脳の一部分に触れるような出来事が起きると
その未発達の部分が反応し
私たちはネガティヴな感情を感じることとなります

そのネガティヴな感情の感じ方や出し方
そして、ふるまいが子どものようになります

その脳の中の未発達な部分・インナーチャイルドは
多くの場合、普段大人として社会生活を行っている時は出てきません
よって、自分自身として認識できる5%の表層意識ではなく
私たちの意識の奥深く、95%の無意識・深層意識にあると考えます

よって〝内なる子ども〟〝インナーチャイルド〟と呼ばれています

《未発達な脳の一部・インナーチャイルドが反応するネガティヴな感情の例》
認めてもらえない・大切にされない・拒否されるされる
守ってもらえない・受け入れてもらえない・見捨てられた
などなど‥‥‥

 

*5)誘導瞑想で行う〝インナーチャイルドセラピー〟について

成長が止まってしまっているインナーチャイルドを癒し
大人の意識で傷つくきっかけとなった出来事を再体験することで
傷ついたインナーチャイルドを再び成長させ
ネガティブな感情に陥りにくくしていきます

 

*6)誘導瞑想で行う〝催眠療法〟について

インナーチャイルドセラピーでは、催眠療法を用います
催眠とは、一点に心を集中して想像するものです
セラピストの声に合わせてリラックスした状態で
過去の問題となっているシーンをイメージし、過去の自分を疑似体験します
これは、テレビ番組等で見られる催眠術とは異なり
受けている方の意識がなくなることはなく
催眠にかかっているという意識はありません
このような想像によって、現在の大人の意識で問題となった出来事を見ると
当時見逃していた自分の心や相手の立場が理解できます
そして、人生の繰り返されてきたパターンを変えることが可能となります

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェアする
Twitterでシェアする
記事の更新通知を受け取る
プロフィール

フラクタル心理カウンセラー
量子場調整師

髙田 真永Official Blog

>>プロフィール

OFFICIAL SOCIAL MEDHIA
髙田真永オススメCosmetics髙田真永オススメCosmetics

プロフィール

フラクタル心理カウンセラー
量子場調整師

髙田 真永Official Blog

>>プロフィール

Copyright(c). L'espace. All Rights Reserved.